保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.05.12/ 23:55(Mon)
皆さん、はじめまして。
初登場です。



私の名はメリー。
大阪育ちのイングリッシュ・ポインターよ。



今はお空に住んでるんだけどね。

テトママは私のお姉ちゃんだったのよ。
初めて会ったときはピチピチの高校生だったわ。

私はね、猟犬のタマゴだった。
でもね、デビューの日に銃声を聞いて逃げ出した。
だって、カメラで写真を撮られるのさえコワイのよ。



ほらね、カメラを見たらこうなるの。

そんな私がハンティングなんて出来るわけがないでしょう?

女らしい私はね、
役に立たないからとハンターだった最初のパパに「いらない」と言われたの。
そのあと、いくつかの家をたらい回しにされてね、
出戻った経験もあるの。
そんなとき、「父ちゃん」に出会ったのよ。



父ちゃんと私よ。

近所に住んでいた父ちゃんは私にこっそり美味しいものをくれて、
私は優しい父ちゃんのことがどんどん好きになったの。
それを見ていた私の当時の家族、
父ちゃんに「あげるわ」と言ったらしいわ。

もう思い出したくもないけれど、
私は虐待されていたみたい。
ホウキがずっと苦手だった。

でも父ちゃんは厳しいところもあったけど、
とにかくいっぱい愛してくれた。
母ちゃんは毎日ミルクをくれて、
二人のお姉ちゃんもいたのよ。
幸せだった。



愛情が深すぎて、
一時は自慢のナイスバディーがこんなことになったりしたけどね。

人間がこわかった。
でも人間の愛情に飢えていたのね、私。



大きな地震が起きた日の写真よ。





父ちゃんの家は住めなくなって、
父ちゃんは私を新しい家族に託したの。
それがテトママの家だった。
あれからもう20年近く経つけれど、
父ちゃんは今でも私を思い出すと涙が出るんだって。

父ちゃんに出会った時、
私はもう立派な大人だったのよ。
テトもそうでしょう?
でも大人でも愛情を持って接してくれたら、
私達もそれに応えるの、
人間のくれる愛情より深い愛で応えるのよ。



子犬はかわいいわよ。
私もとーってもかわいかったのよ。
でも大人の私達もけっこう良いものよ。
人間の言葉は理解できてるし、
人間の世界のルールも分かってるし、
性格も固まってきてるから、
犬と暮らしたい人は相性の良いベストパートナーを選べるのよ。
成長も止まってるから、
想定外の大きさになることもないしね。
子犬だと、小さな悪魔、何をしでかすか分からないのよー、ふふ。
覚悟はよろしくて?

これから時々こちらのブログにお邪魔するわね。
皆さん、よろしく。 
スポンサーサイト
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.11.10/ 00:32(Sun)






リラックスしてヘソ天のテトちん。
いや、もう、かわいすぎるでしょ
ええ、そうですよ、親バカですよ。

床には床暖房が入っているので、
ぬっくぬくです。

ふと、昨年の冬は前の飼い主さんの家にいたんかな、
その家では暖かい部屋にいたんやろうか、
と思いました。
温かい愛情は感じてたんやろうか。
その後、飼い主に保健所に持ち込まれて…。
きっと寒くて寂しくて不安で悲しかったやろうな。

ヘソ天でリラックスして、
小さくイビキまでかいているテトを見て、
さらに愛しさが増します。
テトのこと、大事だよ、愛してるよ、家族だよ、と毎日話しかけてます。
我が子のように大事に思ってます。

でもテトは私達の愛情よりさらに深い愛で私達を思っているように感じます。
犬ってそういう生き物なんだなと思います。
多分前の飼い主に対しての恨みもありません。
そんな純粋で誠実な生き物、
こちらが恥ずかしくなることもあります。

保護犬だから、かわいそうだから、
ではありません。
特別扱いをしているわけでもありません。
当たり前の生活環境の中で普通の家族愛を持って接してるだけ、
テトはそれに対して全力で応えてくれます。
「大好きだよー」と飛びついてきて、
肌を寄せて甘えてきます。
私達のことが好きすぎて、
有り余る愛情を噛むことで表現します
不器用な男、困ったもんです

保健所にいた犬も普通の犬なんです。
過去は過去、です。
保健所にいた犬と言うと、
中にはまるで汚いものを見るかのような態度をとる人もいます。
じゃあ、汚くない犬って何?
ペットショップやブリーダーが販売している犬?
でもテトも恐らくペットショップかブリーダーが販売していた犬です。
野良の子は汚い?
同じ「犬」ですよね…。

ヘソ天のテトを見て思ったこと、
とりとめなく呟いてみました。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
2013.09.16/ 00:44(Mon)
このブログ、犬を飼ったことのない友達や仕事関係の人も見てくれています。
嬉しいです。
だって犬のことを知らない人に情報を発信できているなら、
このブログの存在意義はグーっと大きくなりますから。

もちろん、犬飼いさんとの交流も楽しみなんですけどね、
それはあくまで自分の楽しみ。

ボランティアというのはおこがましいけど、
ブログを書くことは今の私にできる小さな活動です。
犬との暮らしの楽しさと大変さ、
ありのままを伝えていきたいです。
保護犬でも成犬でも、ペットショップやブリーダーの元にいる子犬と同じ“イヌ”なんだよ、
ってことも伝えたいです。

オットーはテトのおかげで(というか私のおかげ、ふふん)保護犬のことを知り、
自然と何かしたいと思うようになったようです。
テトがかわいくて仕方がないからというのもありますが、
仕事関係の人にテトのことを話しまくった結果、
なんと保護犬を家族に迎えてくれた人がいるんです。
テトの話を聞いて安易に犬を飼うことをやめた人、
現在リスタートのホームページを閲覧中の里親のタマゴさんもいます!
それ聞いて嬉しかったな。
保護主でも預かりボランティアでもない私達、
それでもできることがあるんですね。

保健所の犬のことを知っていても、
何かしたいと思っていても、
犬を飼いたい人が向かうのは大抵ペットショップ。
保護犬をもらうことは敷居が高いというか、
オットーの仕事関係の人の中には
「そういうのって偽善やと思ってた」と言う人もいてビックリ。
そうじゃないよ~、
保護犬を迎えることは普通のことだよ、
と言いたいです。
というか、それが当たり前の世の中になってほしい!

ペットショップでは誰でも買えるけど、保護犬を迎えるには審査があります。
そういう意味ではハードルが高いのかも。
でも犬を飼うに当たり当たり前のことができるかどうか、の審査です。
愛護団体の譲渡条件を見て、
うちは無理だと思う人は本来ペットショップでも買うべきではないんですよね。

犬を飼うことが愛犬家、ではないと思うんです。
買わない、飼わない選択をする人も立派な愛犬家ではないでしょうか。

ちなみに私は審査に落ちるだろう、落ちてくれと思いながらチチさんにメールしたんです。
(この経緯もまた書くつもりです。書きたいことがたまる一方だな)
でも「ぜひ御宅に」と言われて、その日の夜にはもうテトは家にいました。
正直、迎えに向かう車では吐きそうでした。
本当に私達、犬と暮らして良いのか?って。

譲渡条件は団体によって様々です。
色んな考え方がありますし、
うちも他の団体さんなら断るような家かもしれません。
でも私達は今保護犬と暮らせているし、
テトを幸せに出来ていることには自信があります。
保護犬に興味を持たれた方は諦めずに運命の保護犬、
保護団体・愛護団体・個人ボランティアさんを探してほしいです。

前にテレビで見たドイツのシェルター、
快適な施設で新しい家族との出会いを待っている犬がたくさんいました。
あそこまで立派でなくて良いから、
いきなり殺処分ゼロでなくて良いから、
もう少しペットショップ以外の選択肢があることを多くの人に知ってほしいです。
そして出来れば、ペットショップの裏に何があるのかも知ってほしいです。

私は散歩で会う人にテトが来た経緯を明るく軽く(これ、大事)話すようにしています。
テトは見た目が一般受けするらしく(私はタイプじゃないけど←ひどい飼い主)、
また謎のミックス犬なので、
よく見知らぬ人から「何犬?何歳?」と話しかけられるんです。
そう言われたらチャンス到来、保護犬についてサラッと話します。
「良かったねえ、テトちゃん」とよく言われます。
「偉いわね」と言う人もいました。
う~ん、別に偉くないんだけどな、
普通のことなのにな、
いや、そうか、それだけ遠い世界の話だと思われてるのか、と納得。
「保健所!?こんなにかわいいのに?」と言う人も。
保健所にいる犬イコール問題犬とか野犬、雑種のイメージなんでしょうね。
私個人は純血種至上主義ではないのですが、
その方の記憶に残るように、
純血種が多いことや飼い主持ち込みが多いことを話しました。
大変驚かれていました。
そういう人が次に新しい家族を迎えることになったとき、
選択肢に保護犬を加えてくれたら嬉しいな、なんて思っています。

自己満足の域を出ていないかもしれませんが、
これからも積極的に小さな活動をしていくつもりです。
保護犬を迎えた里親さん、
このブログをご覧の方、
私達にもできることがありますよ。
明るく、軽く、引かれないように(笑)、
周りにこの問題について話しましょ^ ^

ちなみにワタクシ、高校生の頃に某愛護団体の施設でボランティアをしていました。
阪神大震災の前後だったので色んなものを見て、
大したことができないもどかしさを感じていました。
でも今思えば小さくてもできることがありました!
そして、動物のことだけを考えて熱く激しく主張しても、
それはなかなか周囲には受け入れられないんだなとも思いました。
私がチチさんに惹かれたのはこのときの経験が大きく影響していると思います。
犬は大事、だけど人の生活も大事、
どちらもハッピーにならなきゃ!なんです。

1人の力は小さくても、
みんなが動けば大きな力になります。
このブログを読んでくださってる方、
小さな活動ができないか、一度考えてもらえたら嬉しいです!

乱文を最後まで読んでくださり、ありがとうございました。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(10) 
2013.07.29/ 20:09(Mon)
本を買いました



テト~、興味あるの?



あら、自分で表紙をめくってる!



こんなに長い時間フガフガやるのは珍しい、
なんでだ~?

買ったのはこちらの本。



買ったのは古本屋さん。

あ!
わかった!!
きっとこの本、犬の匂いがするんだ!
前の持ち主も間違いなく犬を飼ってるはず。

テト、鼻が良いんだな~。
すごいなあ、犬の嗅覚。

実はこんな本も買ってみました



ペットショップで犬を買っていたなら全く知らずにいたかもしれない、
ペットフードの真実
リスタートから譲り受けたおかげでアドバイスしてもらえて、
危険な餌を与えずに済みました。
良かった~
あ、全てのドッグフードが危険というわけではないんです。
でもよく知られているようなフードが実は…なんですよ!
私もチチさん、ちょび子さんに教えてもらって初めて知ったんですけどね

愛護団体から犬猫を譲り受けるのって、
良いことがたくさんあるんです。
ペットフードの知識もそのひとつ。
私が実際に保護犬を迎えて良かったな、と思ったこと、
これから書いていきたいと思ってます

殺処分が減ることを祈って。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(2) 
 
Copyright © 2017 たちつテト!, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。