FC2ブログ
保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2019.05.15/ 11:11(Wed)

ミリミリのバザーに寄贈する為に、
数年前に作った手作り品達。



コースターのつもりですが、
花瓶の下に敷くのも良いかも。



そしてヘアアクセサリーも。



ここまで作って袋にも詰めておきながら、
なぜか発送手前で挫折…。
数年間押し入れの中で熟成させておりました

息子が幼稚園に入園したことで、
少し自分の時間が持てるようになり、
心も穏やかになり、
エネルギーも湧いてきました。

ようやく袋に封をしました。



チョビ子さんの許可を得て、
こんなシールを作って貼ってみました
もう少しかわいいデザインにしたいのですが、
ピータッチを上手く使いこなせなくて

作品はど素人の手縫いなので、
正直言って、
これに値札を付けてもらって良いのか…。
後ろめたさというか、
申し訳なさというか…。
作品を前に、
何だか1人でモジモジしていましたが(変な人)、
「活動費を得ることより広報活動の為」
と自分で言い訳する為に
シールを貼って落ち着いたところです。

今日のテトの写真は朝の寝起き風景です。
お布団をめくった時の様子、
撮影はオットーです。



テトは元々、テトのベッドで寝ていました。
私達のベッドのすぐ横で、
イビキもかいて(笑)。

しかしオットーは鬼(誰のことやー)の里帰り出産中に、
テトを自分のベッドに上げて眠るようになりました。
それが今も継続中…。

粗相された時のダメージが大きいので、
主婦としてはベッドだけは死守したい領域なのですが、
オットーは息子と私が寝静まった頃に
コッソリとベッドにテトを放ちます…。
上手くやっているつもりなんでしょうけど、
バレてますから、
夫&テトさん…。

でもかわいいんですよね。
足元で丸まって寝ているテト
 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2017.12.02/ 09:27(Sat)

こんな記事を読みました。

ふるさと納税で殺処分ゼロへ

預かりボランティアをしたり、
保護犬を飼ったりしている友人から、
この納税については聞いていましたが、
こんなに成果が出始めているんですね!
知らなかったー!

これこそ、誰にでも出来るボランティアですね。
ウチも考えよう。



1匹でも多くの犬猫が
安心して眠れるお家にたどり着けますように。
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
我が家のキッチンマット、そろそろ買い換え時だなー。
かなりシミとか付いてるし…。
でもな~、まだ使える物を破棄するのは気が引けるな~。

タオルもそろそろ入れ替えたいなあ。
まだ使えるけど、肌触りがかなり悪いしなあ。
でも勿体無いかなあ。

で、スマホで検索。
あった!
布類の寄付の募集!

少し古いブログの記事だったので、
メールで「今も必要ですか?」と問い合わせたところ、
とっても感じの良いメールが返ってきました。
こんなに喜んでくださるなら、こちらも嬉しい!
というわけで、パッキング~。





実家にも声をかけて、二軒分のタオル類を詰めました。
我が家からは※電気毛布やこんなマットも。



※電気毛布は感電のリスク回避のため、
受け取り不可の団体さんもあるようです。
こちらの団体さんは大歓迎とのことでした。

お手紙も添えて。



後日、お礼のお手紙と活動内容の案内が届きました



なんてご丁寧な…

パンフを読んで気付きました。
以前テレビで見たのはここの団体さんだったのかも。

テレビで見たときの説明だと…

「少年院の少年達が保護犬を預かり、家庭犬としてのマナー等を教えます。
少年と犬の間には信頼関係を築かれます。
少年達は人に捨てられた孤独な犬と自分を重ね合わせることもあるようです。
犬や里親さんの役に立つ経験が少年達の更生につながります。」

確か、そんな話でした。

うちは不要になった物をもらって頂けて助かったのですが、
「毛布は冬になったら犬達の取り合いになると思います」なんて言われたら、
大したことはしていないけどやっぱり嬉しい。

今回は東京のヒューマニン財団さんに寄付しました。
「犬 タオル 寄付」で調べたら、他にもたーくさんの団体さんが寄付を募っておられました。

うん、またタオル類がたまったら寄付しよう

とっても気持ちの良い体験でした。 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 たちつテト!, all rights reserved.