FC2ブログ
保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

6月のミリミリのバザーの時の話です。

会場に着いて、
広場でミリミリのブースを探す…。

しかし、みつける前から喧嘩っ早いテト様が
スリングの中から、
他のワンコ達に激吠え

そのあまりのヒステリックさに、
周囲の出店者の皆さんが振り向き、
そのお陰でブースが即みつかりました

チョビ子さんがその時の様子を
面白おかしく書いてくれています
懐かしい、保護当初の写真もたくさん

こちら

この日はタローが起きていたので、
あまりテトの写真が撮れず、
お買い物も落ち着いて出来ずでした

名誉長男も長男もパパっ子なので、
大変です、オットーが。



「かかってこいや!」



と偉そうに高い位置から会場を見渡す、
体も肝っ玉も小さいテト。

オットーの眉毛の八の字っぷりが、
いかに大変かを物語る…。



トランポリンのパートナーも、
息子はオットーを指名。



この間テトは私がスリングで抱っこ。
物凄く不安そうでした
なんでやねん!


さて。


ミリミリの高齢のワンコ達が
相次いでお空へ旅立ちました。
彼らの幸せを側で願っていた、
保護主のチョビ子さんやご家族、
スタッフさん達、
とても悲しく悔しく辛いことと思います。
でもチョビ子家の家族として旅立てたこと、
冷たい場所で孤独に、じゃなくてよかった…。

このブログに書いたところで、
読む人は限られているし…。
でも書きます。

犬や猫に限らず、
生き物を飼うときは考えてほしい。
その子の衣食住ならぬ、
医食住と愛情を
保証してあげられるのか、
最後の日まで側にいてあげられるのか、
考えてから迎えてほしい。

そして万が一それが難しくなった時には
死に物狂いでその子の新たな家族を
みつけてほしい。

ペットは物じゃないです、ココロがあります。

テトは今でも傷があるのを感じます。
傷は癒えても、なくなりはしません。

バザーに限らず、
お出かけの車内でテトは
ずっとずっと大声で吠え続けます。
叫ぶ、といった感じの吠えです。
でも帰りは安心して熟睡します。
なぜかは分かりません。
でも私達の推測が当たっているなら…

命の重みや感情を感じられる、
感じ取れる人が増えて欲しいと思います。
















 
スポンサーサイト



編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 



ミリミリのバザーに
行ってきました。



今日は最高でした!
何がって…、タロー、熟睡中!
(今朝は4時半から起きてましたのでね

つまりは、ゆっくりお買い物できるー!
ゆっくりお喋りできるー!
ゆっくりワンコと触れ合えるー!

暑い中、
猿と犬を追い掛け回さなくても
良いバザー…。
怒鳴って血圧上げなくても
良いバザー…。

最高!

というわけで、
ほぼ毎回バザーにはお邪魔してはいますが、
数年ぶりにチョビ子さんとも
ゆっくり目を見て話せ、
他のスタッフさんや里親さん達とも
会話ができました。

う、うれしい…

さらにはバセットハウンドがたーくさん!



体高が低いから
あまり大型犬のような気がしないのですが、
顔の大きさは実家にいた
ポインターのメリーより大きく。
どこか懐かしい大きな顔の垂れ耳さん。
タローが寝ていたおかげで触れあえました

初めて生でバセットハウンドを見て、
武蔵丸君の名付けは
最高のヒット作だったんだろうなあ、
なんて思ったり。

チョビ子さん、バセ軍団に囲まれて、
喜びと悔しさと、
複雑な思いだったと思います。
私も見ていてもらい泣きしそうでした。
霊的な物は全く見えないのですが、
あの時の空気、
外から見ていたらムーさんが
その場にやって来ているような気がしました。
そっと、チョビ子さんの横に
佇んでいるような気がしました。





久々にお買い物。



ネットで見て買うか迷っていたモノを
偶然にもゲットできました。



子供の絵等を保管するファイルー

今日は懐かしいリスタート時代のお馴染みさん、
イノキューさんすがさんにも
お会いできて、
(私はこれといって何も活動していませんが)
何だか元気になれたバザーでした。

タローよ、熟睡ありがとう(笑)。



帰宅後のテト、バザーで吠えまくって、
お疲れのようです。

追記

チョビ子さんがこの日の我が家の様子を
ブログに書いてくださいました

こちら

テトとオットーのラブラブぶりは
毎日家で見ているのに、
毎度のことながら、
ブログを読んで笑ってしまう
妻です。
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2019.04.08/ 15:51(Mon)
ミリミリのバザーに行ってきました。

チョビ子さんと対面、
恩人にベロベロキスを大量に
お見舞いした後の
ご機嫌なテト様です。



ブログにはあげられていませんが、
チョビ子さんが独立後も
ほぼ全てのバザーにお邪魔しています。
(えっへん)

しかし、とにかく人間の方の息子が大変で。
全然ジッとできません。
テトも落ち着きがない犬ですが、
それ以上にタチが悪い。
会場横の小川へすぐに行きたがるし、
一瞬でも隙を見せたら逃走します。

なので、
チョビ子さんとテトの対面の写真
はもちろんのこと、
テトと他のワンコとの触れ合いも無理、
テトと息子のツーショットも撮れないし、
家族写真も無理だし、
写真どころか、
バザーでのお買い物も出来ません

毎回思うように品物を見ることができず、
オットーと私の腕力(捕獲確保する為の)
に限界がきた時点での退散なのですが、
今回は初めて、何一つ買えませんでした
何のためにバザーに行ったのか…。

あと、今知りましたが、
あおと君だけじゃなく、
武蔵丸君も来てたんですね
会いたかったー

そんな私達ですが、
お昼ご飯をスーパーで買って、
急遽バザー会場の横でお花見をしました。



↑食べ物がある時は静止していられます(笑)

お花見とは言っても、
通りすがりのワンコに吠えまくるテトと、
食べ終わるなり逃走を試みる息子を
監視していて、
お花どころではありませんでしたが
とりあえず、何枚か写真が撮れました。

そうそう、お昼ご飯を買いに行ったら、
スーパーからタローが一人で逃走してしまい、
追いかけてバザー会場で何とか捕獲して、
私キレました…。
見ていた周囲の方々、
この場を借りてお詫び申し上げます…。
和やかな空気を凍らせたかも



ところで、
少し前にブログに書きましたが、
購入をオットーから反対されていた
デジタル一眼レフ、
先日ついに購入しました。
(もちろん、了承を得て、ですよ)

10年前のデジタル一眼レフから、
今回最新機種のミラーレス一眼に買い替え、
その快適さに感動している日々です。

…と、今回もあまりテトの話題が
書けませんでしたね

タローの入園式が明後日なので、
自分の時間が出来たらテトを連れて、
撮影散歩に出かけたいと思っています

 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2017.05.01/ 00:36(Mon)
もう1ヶ月前になりますが、
4月2日に久々にリスタートのバザーに行ってきました。

犬、特に中型&大型犬にはヒステリックに吠えるテト
テトが鳴き出すと皆さんが振り向き笑う…、
それぐらいヒステリックです
犬の威嚇とかいうレベルではなく、
人間で言ったら叫ぶというか、
悲鳴?パニック?

チチさんからは
「春馬みたいやなー。
でも春馬よりはマシやな。
春馬3号!
まだ2号には到達してない!」と認定されました
春馬君、これより激しいのか…
すごいぞ…。
そしてチチさんの発言が春馬君への愛情に溢れているのがステキだなーと思った私です

さて、今回もテトは預かりボランティアさんのチョビ子さんに会えて大喜びでした



チョビ子さんをみつけて大興奮、
ニワトリのように鳴きます。

「ケーッケッケ ケーッケッケケ…」
(何度もリピート)



テトは興奮するとニワトリになります。



背中をすり寄せて、
この笑顔





チューもして、
とろけそう…



いや、もう多分触れられた背中は溶けている…

アイドルのコンサートで絶叫した後のファンみたいに、
バザーの後は疲労感の滲むテトを連れて少し買い物をして
(犬連れOKのお店です)、



お茶もして…。



良い一日でした

ねえ、テト、こうやって改めて写真を見返したら、
君…、飼い主といる時より明らかにチョビ子さんといる時の方が笑顔率、高いよね

ところで、バザーで会った白いワンコのさつきちゃん、
とーってもかわいかったです
落ち着いてて控えめでタイプ…
(テト、ごめんよー^^;)
後から知りました、まだ里親さん募集中、
しかも子犬
てっきり落ち着いた家庭の成犬だと…。






この日の様子はこちらでも

チチさんのブログ

チョビ子さんのブログ



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
「預かりさんと保護犬 深~い愛」な~んて
タイトルにしましたけど、
チョビ子さんがおっしゃるには
里親さんとの生活が始まると
預かりさんのことを忘れちゃう保護犬も多いみたいですね
それだけ里親さんLoveになった証なんでしょうけど

テトちんはと言いますと、
定期的にチョビ子さんと会っているからなのか、
記憶力が良い天才犬だからなのか(親バカ)、
義理堅い忠犬だからなのか(またまた親バカ)、
チョビ子さんのことをちゃんと記憶しています。

バザーで実際にテトに会ったことのある方は
「テト君は人懐っこい」
と思われているかもしれません。
実際人は大好きです
が、人に抱っこされるのは苦手です。
抱っこ=自由を奪われる=誘拐されるかもしれない、
と考えているのか、
私達以外の人に抱っこをされると
おとなしく抱かれるふりをして、
実はいつ飼い主の腕に飛び移ろうかと隙を狙っています

そんなテトさん、
チョビ子さんだけは話が別なんです。



ね!!!

バザーでの別れ際、私達を目で追うことも忘れ、
必死にベロベロ~ベロベロ~…



テトさん、結構お口、クサめです
病院で手入れしてもらったので、
歯石ビチ男ではなくなってますが、
ギリギリ我慢できるレベルのカホリです

そんなテトの濃厚なチューを微動だにせず、
ずっと受け続けるチョビ子さん

横で見ていてチョビ子さんの愛の深さを知りました!
いや、前から分かってましたけど、
改めて預かりさんの愛の深さを感じたのであります。



テッチ、満足そう




 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2019 たちつテト!, all rights reserved.