保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2015.09.24/ 19:16(Thu)


リスタート関係者の皆さんはすでにご存知かと思いますが、
今週日曜にバザーがあります。

今回はいつもの箕面の会場ではなく、
南港での開催です。

また今回はお忙しいリスタート代表チチさんに代わり、
リスタートの元保護犬・清太郎ちゃんの里親さんであり、
またshippo-mumの代表である
イノキューさんがバザーを主催されます。

私達もテトちんを連れて、お邪魔する予定です
ただ今回は私に所用があり、
開場と共に顔を出して短時間で帰ることになりそうです
少しでもたくさんのスタッフさんや、
卒業生&里親さんに会えたら良いなー。

この日はチョビ子さんが預かり中の太陽君も参戦予定のようです。



和犬に苦手意識のあるテトちんが果たしてきちんと挨拶できるのか、
少し心配ですが…

今回のバザーに向けて、
手芸は学校の授業でやった程度の私も少し手作り品を用意したのですが、
なんとすでに売り物がたくさん揃ったようで
オーノー!!!
完全出遅れではないですか

またの機会にお送りできるよう、
それまでにまた少しチクチク縫いたいと思います。
(ええ、そうですよ、初心者は手縫いですわよ!)

でもそれだけたくさんの方がリスタートを応援されている、ということですね

当日、晴れたら良いなあ。 
スポンサーサイト
Category: Re:Start関係
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2015.09.24/ 16:10(Thu)

夜、テトは基本的に私達の寝室で寝ています。
気まぐれに、自分の部屋で寝ていることもあります。



安心しきって、夏はへそ天率が9割オーバーです

そんなテトさん、毎朝私達と階段踊り場で攻防を繰り広げます。



一階が大好きなテト、本当は早く一階に行きたいんです。
でもテトが自分で階段を降りるのは危険なので、
ペットゲートで降りられないようにして、
私達が抱きかかえて下に連れて行きます。
以前は下に行くそぶりを見せると大慌てで膝に乗ってきていました。

が、最近、必ず抵抗するんです



テトの部屋に誘うかのように、後ずさり。





カイカイして微妙な空気を誤魔化したり。



ベッドから見つめてみたり。



この後、抱きかかえようとしたら、
ベッドに寝転んでしがみついて抵抗するんです

「あっそ、んじゃ、私、もう先に下に行くからね!」
と言ってペットゲートを開けたら、



階段まで焦って走ってきました。







本当は下に行きたいんです。
なのに、毎回こうやって抵抗。



「テっち~ん、
もう下に降りるから、一緒に降りようよ。
抱っこしようか?」と手を伸ばすも、





再び後ずさり。

その後はなぜか興奮気味に寝室へ逃げ去る



これが人間で言う、親離れってやつでしょうか?
魔の二歳児と呼ばれる反抗期でしょうか?

キリがないので先に下に降りると、
その後直ぐに追いかけてくることもあれば、
5分、長いと30分以上二階から降りてきません。

この日は比較的すんなり追いかけてきました。



ここまでは降りてきますが、
ここから先はコワイ、テトちん。



困り顔してます(笑)



仕方がないので、お迎えに。



男のプライドでしょうか?
ここでもまだ少し抵抗



ようやく捕獲。



ちなみに、この攻防はオットーとも行われます。

常に私達のそばにいないと不安だったテトが
少しずつ私達と離れても不安でなくなっていることは喜ばしいのですが、
何だかちょっぴり寂しい…。
子離れ出来ない親のようです
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Copyright © 2015 たちつテト!, all rights reserved.