保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Yahoo!ニュースを見ていてみつけた記事。

こんなペットショップが出てきたんですね!

犬や猫の販売をやめ、保護犬・猫の譲渡を事業に 脱ペットショップの挑戦

保護猫カフェは最近時々見かけるようになり、
ショッピングモールの人目につく場所で売り物の犬の横に保護犬が展示(こんな言い方は好きではないけど、展示って感じでした)されているのも見たことがあるし、
少しずつ世の中が変わってきているのは感じていましたが、
ショップが生体販売をやめて、保護犬&保護猫を譲渡するようになった、
というのが画期的だなー、と。

みんな、知らないから「買う」んですよね。
知っていたら違う選択をしてくれる人も多いと思うんですよ。

私はたまたま小学生の時に読んだ本で殺処分(この言い方も嫌いー)のことを知って、
自分がいつか犬を飼うときはそういう子を救うんだと心に誓ったんです。
知ることって大事です。

ペットショップに「買いに」来た人がこのお店で「知った」ことで、保護犬や保護猫を迎え入れてくれた、なんて素晴らしいです!
いや~、ワタシ、ペットショップで契約書にサインをしている人達を見ると、声を掛けたくなるんですよね、かけないけど…。

この記事で私も新たに知りました。
生体販売をしているペットショップの中には売れ残ってしまった子を最期までみているお店があるということ。
(…少ないでしょうが)

ネットを開くと嫌なニュースばかりですが、
久々に心が温かくなる記事でした。

頑張ってください、アニマルライフさん!



「子犬じゃなくても、家族になれるよ、ね、テトさん
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 たちつテト!, all rights reserved.