保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2017.09.11/ 16:03(Mon)

2日目は竹生島へ船で渡りました。



テトも一緒に渡る気満々でフェリー乗り場へ向かったのですが、
なんと犬の乗船はダメだと
犬もOKか下調べ&確認してくれていた母も大ショックで

別の船会社だったのか、
違う港だったのか、
シーズンの問題なのか、
規約が変わったのか…。

竹生島は諦めても良かったのですが、
「せっかくだから3人で行ってきたら?
テトは見ててあげるから」
と猛プッシュしてくれた両親。
甘えることにしました。

が、すぐに猛烈に後悔
出航のとき、船着場で私たちを見送ってくれたテト、
ものすごく鳴いた、いや泣いた…。
琵琶湖に飛び込みそうな勢いでリードを引っ張っているのが見え、
悲痛な叫び声が段々と遠ざかる…
オットーも思わず、「見ていられない」と背を向けるぐらいの泣きっぷりで
テト、ごめん、君にとってトリミングに連れて行ったときと、
こういう別れは傷をえぐられるような体験なんだよね
こっちも泣きそうでした。



島で私達が観光していると、母から写メが。







痩せた?
老けた?

船が見えなくなったあと、
30分程は気持ちを切り替えて散歩を楽しんだらしいテト、
車内ではこんな感じで生気なく私達を待っていたそうです。

余談、このとき、横に停車中の車の中に犬が待たされていたそうで。
まだ本格的に暑くなかったとはいえ、車内は絶対暑かったはず。
この前もエキスポシティの駐車場でトイプーが待たされていました。
涼しくなりつつあるとはいえ8月です…。
ガードマンのお姉さんに声をかけましたが、
様子を見に行くことはできても飼い主の呼び出しまでは出来ないそうで。
アメリカ?だったか、こういう時は車のガラスを割って警察がペットをレスキューするという記事を読んだことがあり、
日本ってまだまだ遅れているのね…とガッカリ、悲しかったです。
おかげでその後のショッピング中は気になって気になって仕方がなくて。
ちゃんと無事飼い主さんに会えたのかな

話がそれました。

竹生島バイバイ。



愛しのテッチュに再会後は浮御堂へ。



テトもスリングで一緒に入れました
よかったー!



精神的疲労が表情に色濃く出てしまってますが

その後はテトさんお待ちかね、お散歩散策タイム
比叡山のふもと、坂本の石畳の街並みを歩きました。





よかった、老け顔じゃなくなりました



愛しそうにオットーを見上げるテト。



オットーにピッタリくっついて歩くテト。



オットーの歩く速度が上がり、焦るテト、必死。





少しは旅行を楽しめたかな?

犬連れの旅行、
犬の性格によると思うのですが、
テトの場合、かえってストレスなんだろうなあと思います
かと言って、ペットホテルに預けたりしたら、死んでしまう…、いやホント、テトならあり得ます

いつもお付き合い、ありがとうね、テト。
スポンサーサイト
 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 たちつテト!, all rights reserved.