FC2ブログ
保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

6月のミリミリのバザーの時の話です。

会場に着いて、
広場でミリミリのブースを探す…。

しかし、みつける前から喧嘩っ早いテト様が
スリングの中から、
他のワンコ達に激吠え

そのあまりのヒステリックさに、
周囲の出店者の皆さんが振り向き、
そのお陰でブースが即みつかりました

チョビ子さんがその時の様子を
面白おかしく書いてくれています
懐かしい、保護当初の写真もたくさん

こちら

この日はタローが起きていたので、
あまりテトの写真が撮れず、
お買い物も落ち着いて出来ずでした

名誉長男も長男もパパっ子なので、
大変です、オットーが。



「かかってこいや!」



と偉そうに高い位置から会場を見渡す、
体も肝っ玉も小さいテト。

オットーの眉毛の八の字っぷりが、
いかに大変かを物語る…。



トランポリンのパートナーも、
息子はオットーを指名。



この間テトは私がスリングで抱っこ。
物凄く不安そうでした
なんでやねん!


さて。


ミリミリの高齢のワンコ達が
相次いでお空へ旅立ちました。
彼らの幸せを側で願っていた、
保護主のチョビ子さんやご家族、
スタッフさん達、
とても悲しく悔しく辛いことと思います。
でもチョビ子家の家族として旅立てたこと、
冷たい場所で孤独に、じゃなくてよかった…。

このブログに書いたところで、
読む人は限られているし…。
でも書きます。

犬や猫に限らず、
生き物を飼うときは考えてほしい。
その子の衣食住ならぬ、
医食住と愛情を
保証してあげられるのか、
最後の日まで側にいてあげられるのか、
考えてから迎えてほしい。

そして万が一それが難しくなった時には
死に物狂いでその子の新たな家族を
みつけてほしい。

ペットは物じゃないです、ココロがあります。

テトは今でも傷があるのを感じます。
傷は癒えても、なくなりはしません。

バザーに限らず、
お出かけの車内でテトは
ずっとずっと大声で吠え続けます。
叫ぶ、といった感じの吠えです。
でも帰りは安心して熟睡します。
なぜかは分かりません。
でも私達の推測が当たっているなら…

命の重みや感情を感じられる、
感じ取れる人が増えて欲しいと思います。
















スポンサーサイト



 
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2019 たちつテト!, all rights reserved.