保健所からやって来た、マルシーズー(推定)との楽しい日々♪
http://tachitsutetoteto.blog.fc2.com/
admin
 

プロフィール

アーシャ

Author:アーシャ
家族:オットー(夫)
タロー(息子)
テト(元保護犬)
住所:大阪府
職業:専業主婦

テトのかわいい後輩達が
1匹でも多く、
本当の家族と出会えますように★

****************************
テトは保健所にいました。

2013年2月22日、犬の保護活動をするRE:STARTさんに運良く救われ、新たな犬生を踏み出しました。

恐らく元飼い主によって保健所に持ち込まれたテトですが、
人に裏切られた経験をしているにも関わらず、
人のことが大好きで「好き~!好き~!」と訴えてきます。

この小さな体で、丸い澄んだ目で何を見たのでしょう。
それでも人に対して全身で愛を表現するテト、
そんなテトを見ていると胸が苦しくなります。

日本国内で殺処分される犬・猫の数は年間20万頭とも30万頭とも言われています。
その多くは飼い主自らが保健所に持ち込んだ犬・猫、
そして迷子になってしまった子だそうです。

犬・猫を飼う前に犬・猫のことを学びましょう。
小さな命に責任がもてるのか、確認しましょう。
飼ったら去勢・避妊手術を受けさせましょう。
迷子札を必ず付けましょう。
それだけで救える命がたくさんあるのです。

保健所や愛護団体にいる犬・猫をもらうことは決して特別なことではありません。
ペットショップにいる犬・猫も、
ブリーダーの元にいる犬・猫も、
みんな同じ犬・猫です。
そんな犬・猫達と家族になりませんか?

このブログをご覧になった方が「買う」以外の方法で新しい家族を迎えてくだされば
とても嬉しいです。
微力ではありますが、
このブログが何かのきっかけになれたら、
参考になれたら、と願っています。

最新トラックバック

アクセスカウンター

ご訪問ありがとうございます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2014.04.12/ 09:14(Sat)
ブログの更新がまたも滞ってます。
追いつけるのだろうか?!

昨年、2月22日、テトは保健所から出てきました。





あずきちゃん、と後に名付けられたシュナと一緒でした。


アズキちゃんとテト

あずきちゃんも幸せになりました。
家族と元気にしてるかな。

出てきてすぐ、病院へ連れて行ってもらいました。





何をされても噛まない良い子、
見た目もかわいい、
オナラが劇臭だけれども、
問題ナッシングな犬。
そんな風に評された白い小型犬は
新人預かりボランティアのチョビ子さんに託されました。




ガリガリでした


目がうつろ…



当時私はすでにチチさんのブログを見ていました。
いつか、この方のお手伝いをしたいな、
そんな気持ちで遠くから見ていたのです。
共働きだし、これからの人生もまだよく見えない年齢、
里親は長期に渡る責任が伴うので厳しいけれど、
いつか短期の預かりをしてみたいな、
そんな風に思っていました。
まさか、まさか、里親になるとはね…。

テトは前の飼い主が保健所に持ち込んだ犬らしいです。
若い女性(または大阪のおばちゃん)が好みそうな、
首輪をきつくされていたとか。
毛が伸びて絡んで、ひどい状態だったそうです。

そしてガリガリでした。
元々ガリガリの状態で保健所に持ち込まれたのか、
保健所の中で痩せてしまったのかはわかりませんが、
痛々しいぐらいのガリガリでした。
チョビ子さんはそんなテトにたくさんの栄養と愛情を与えてくれました。


チョビ邸にて、保護当日のテト



手作りご飯を食べて



チョビ子さんのベッドに産み落としました。
ええ、ブツを。



おやつももらい、



メルモさんとは真顔でランニング。



優しく撫でてもらい、



自分だけを見て!とアピールしました。



オモチャの扱い方がわからず、

散歩では草を食してばかりで歩かず。



多分オモチャで遊ぶことも、
散歩もしたことなかったんだね。

トリミングもしてもらって…。







テトの変化を毎日毎日、
チョビ子さんのブログを通して見ていました。

テトは保護されて、
たくさんのものを与えられ、
知り、学びました。

推測ですが前の飼い主も最初はテトを可愛がっていたと思います。
チョビ子さんの家に来た時点でトイレシートのことが理解できていたし、
お座り、お手もできました。
そして人間のことが大好きでした。

でも…、保健所に持ち込まれた。
安楽死、と言いつつ、実際は苦しい窒息死をさせる施設に…。

多分ね、今その人にテトが再会しても、
もしテトがその人を忘れていなければ、
尻尾を振って挨拶します。
犬は怯えることはあっても、
恨むことがないです。
裏切ることを知らないから、
裏切られることも分からない。
信じた家族のことは常に死ぬまで全力で大好き。

犬って本当ピュア。

出所した日にテトは新しい名前をもらい、
新しい犬生を歩み始めました。



だから2月22日がテトの誕生日
実際は何度目の誕生日か分からないけど、
輝きに満ちた記念の日。

きっと、同じ時期に保健所にいた子の多くはもうこの世にいないでしょう。
外に出られる子はほんの一部。
テトは幸運、ラッキーだったんです。

テトを見ていて思うんです。
1度は捨てられた命だけど、なんて尊い命だろうって。
消えた、消された命も同じ尊い命のはず。
勝手な都合で命を翻弄するんじゃない、
そう思います。

チチさん、チョビ子さん、リスタートのボランティアさん達、
テトを救ってくれてありがとうございます。
そして熱い思い、日々のご苦労に頭が下がります。
私達は何もできないけれど、
テトの犬生をキラッキラッに輝かせること、
それを先ずは1番に考えたいと思います。

テト、誕生日おめでとう
テト、大好きだよ
かわいくてたまらないよ





…同じ犬?!
見た目もですが、性格も同じ犬とは思えません

今回のブログはチチさん、チョビ子さんのブログから写真をお借りしました。
事後報告ですみません

テトの誕生日はつまりイコール、
チョビ子さんの預かりデビュー記念日。
チョビ子さんの預かりを始めた経緯や思いはこちら 
Category: テト記念日
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(0) 
2013.09.23/ 15:14(Mon)
テトがウチに来たのが3月21日。
あの日から半年と数日が経ちました。

その間、うちの生活は何も変わっていないようで、
実はとても変わったように思います。

先ずオットーは痩せました
半年で5kg。
毎朝の散歩のおかげです。

オットーはテトのことはネットの写真を見て
「タイプじゃない」と言っていたのに、
チョビ子邸で実際に会ったときも
「やっぱりタイプじゃないー」と思っていたのに、
帰りの車でその痛々しい姿に徐々に情が湧き、
今やメロメロ、溺愛しております。
「ブチのある犬は好きじゃない」と言っていたのに、
「テトはこのブチが良いねんなー
いや、テトやから良いねんなー
と言っております。
我が夫ながら、おかしいぐらい、
一貫性のない人です。

預かりボランティア・チョビ子さんのお家から我が家への道中。

IMG_1283.jpg

真顔ですねぇ。

IMG_1292.jpg

不安そうです。
でもテトってば、初日からオットーの膝がお気に入りだったんですね。

我が家へ到着。
こんな写真も記念に撮ってました。

IMG_1310.jpg

やっぱり不安そう。
耳の毛も剥げてました。

IMG_1309.jpg

我が家での初めてのご飯。

IMG_3274_1.jpg

食欲は旺盛で一安心したのを思い出します。
でもガリガリで痛々しいです。

2日後。
優しいチョビ子さんと別れた寂しさと不安が垣間見える表情です。

IMG_1316.jpg

「この人のこと、信用して良いんやろうか・・・?」
って思ってるような顔ですね。

IMG_1317.jpg

そんなテトが今ではこんな風になってます。

IMG_2309.jpg

IMG_2546.jpg





保護犬は基本成犬なので、子犬のような成長はないです。
真っ白な状態ではなく、ある程度個性や過去を背負ってやってきます。
でもこういう変化を見守る楽しみ・幸せがあります。
こうやって振り返るとテトが幸せになったように見えますが、
私達もテトに幸せにしてもらっています。

さて、最後にこの半年での私の変化。
以前は「落ち込む」ことが多かったんです。
それがなくなりました
落ち込む時間にテトが入ってくるからです
隙あらば甘えてくるし、散らかすし、粗相はするし。
でもそれも全部ひっくるめてかわいくて仕方ないんですー。
テトを迎えて本当に良かったと思います。 
Category: テト記念日
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(4) 
 
Copyright © 2017 たちつテト!, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。